有線LANとWi-Fiの違い

あまりインターネットやパソコン関連を触ったことがない人にとっては、インターネットにつなぐために欠かせないとも言えるLANについて違いがよく分からないという方もいるでしょう。パソコンでインターネットを接続するために必要なものとしては、ほとんどの場合、有線LANか無線LANの一種であるWi-Fiが必要な場合が多いです。

これから購入を考えている方はまず、この有線LANと無線LANであるWi-Fiの違いを知ってからルーターを購入するようにしましょう。この2つの決定的な違いには工事が必要であるのかそうでないのかが最初に挙げられます。そのため、パソコンなどの危機でインターネットの接続がしたい場合に、有線LANでは線でパソコンとルーターをつなぐ必要があります。

この線で繋ぐという行為はパソコン以外であまりにもたくさんの台数をつなぐこととなると、線がごちゃついて散らかって見えるため嫌う方も少なくありません。ここで、ごちゃつくのが嫌な方にお勧めをしたいのが線で端末やパソコンをつなぐ必要のない無線LANになります。このようにWi-Fiを使用している方も多く見られ、欠かせない物となっている方も少なくありません。

インターネットを使う方法

インターネットパソコンでインターネットに接続して利用する方も多いのではないでしょうか。このパソコンを使ってインターネット接続をしたい場合には主に2つの方法が挙げられます。1つ目は有線LANでつなぐ方法になります。2つ目はWi-Fiを含む無線LANでインターネットに接続する方法です。この2つはどう違いがあるのかパソコンやインターネット関連に慣れていない方は違いが分からない場合もあると聞きます。

自分に合ったインターネットのつなぎ方を見つけるためにもまずは、この2つのインターネット接続方法を学んでおきましょう。先ほど挙げた有線LANとWi-Fiを含む無線LANの違いはその名称の通りで、インターネット接続をする際に線が必要なのか必要でないのかで分類することができるでしょう。無線でつながると聞いて、ならばすべて無線にした方が良いのではと考える方もいます。

通信処理速度は場合によっても大きく異なりますが、有線LANでインターネットの接続を行った方が通信が安定していてインターネットで検索をかける際などにかかる時間が遅くなったりが少ないと言われています。したがって、有線LANと無線LANはその人がインターネットにつなぎたい端末やパソコンをどこで使うのかまた、どんな目的で使うのかをはっきりさせてから購入することが望ましいでしょう。

Wi-Fiは場所を選ばない

有線の方がインターネットへの接続が安定しているという意見があります。しかし、有線LANを使う際には、その線の近くにインターネットにつなぎたいパソコンやプリンターなどを配しなければならなくなります。その点、Wi-Fiはインターネットにつなぎたい端末とWi-Fiルーターを線でつなぐ必要がありません。したがって、場所を選ばず端末やパソコンなどの機器でインターネット接続をすることができるのです。

この点がWi-Fiの最大のメリットとしても挙げられるのではないでしょうか。実際に外で使う例にはどんなシーンがあるのか疑問に思う方もいると予想されます。この事例を参考にして自分がインターネット接続する目的に合わせたものを購入できるように確認してください。まず例として挙げられるのは外出時のスマートフォンです。

家の中での使用ばかりであるという方もいるようですが、実際には外でスマートフォンを使う方も少なくありません。ここで、スマートフォンをWi-Fiで接続しなくてもスマートフォンにインターネットに接続ができるように契約しているのではと思う方もいます。ところが通常よりもスマートフォンでインターネットを使う頻度が多い方の場合、とてもその契約した分のモバイルデータではまかないきれないと悩む場合もあるのです。

この際に便利なのがどこにでも持ち運べるWi-Fiです。無線でつながるWi-Fiであれば場所を選ばずにインターネットを使うことができます。また、スマートフォン以外にもカメラやパソコンであったり様々な気機械とつなぐことができるメリットもあるため、Wi-Fiが欠かせないという方もいるほどです。

場所によっては気を付ける

場所を選ばずに使用できるWi-Fiですが、使用することを決める前に知っておきたいことが1つあります。それはルーターを置く場所によっては快適に使えなくなる可能性があるということです。どこでも使えて持ち運びに便利なタイプのWi-Fiルーターがあると紹介しましたが、どれだけ接続の良いWi-Fiを選んだとしても壁や電磁波を発生させているものの近くではインターネットの接続状況が悪くなることがあるということです。

その点、有線LANはそのLANの近くにインターネット接続したい機器を集めておいておく必要はありますが、インターネットの接続の良さは、無線のものに比べると安定していると言われています。そのため、インターネットにつなぎたいパソコンがデスクトップのように一定の場所から動かすことがあまりない時や、機器が有線LANの周りに固められている場合は有線LANが適していることもあります。

とは言え、中にはパソコンと有線LANをつなぐための腺が邪魔であるという悩みを持った方もいると聞きます。このような方は無線でインターネットにつなぐことができるWi-Fiを活用してみてはいかがでしょうか。人によってインターネットを利用する目的が違います。したがって、Wi-Fiを購入する前には事前にどのように使うのか考えてから選ぶようにしましょう。

まとめ

インターネットの接続方法では有線で繋ぐ有線LANを使用する方法と、線を使わずにインターネットを利用する方法である無線LANを紹介しました。一見、線につなぐ必要もなく、場所も自由に使えるWi-Fiが1番便利そうに見える方もいるのではないでしょうか。とは言え、見て分かるようにこのどちらともにそれぞれメリットデメリットがあります。

まず有線LANの場合はインターネットを接続するためにはパソコンなどの機器に線をつなげる必要がありますが、その分無線LANよりも安定した接続が望めるというのが有線LANのメリットです。したがって、この有線LANはルーターの近くにパソコンやプリンターなどの機器を固めておいておける場合には有線LANがおすすめできるのではないでしょうか。

次に接続の際に線が必要ない、無線LANであるWi-Fiは壁や電子レンジなどそのものから電磁波が出ているものを近くに置くことで、接続が悪くなるというデメリットはあるものの、やはりどこでも使えるというのは最大のメリットとして挙げられるでしょう。そのため、よく外でパソコン作業をするという方に適しているのは、メリットの多いルーターのタイプだと言えます。